店舗ロゴ
メイン画像

○ 季節別、( 多肉植物の注意点 )

画像

栽培する上で注意したいポイント、多肉植物の品種によって異なるのが実情です。しかし、大半の多肉植物に当てはまる総合的な注意点というのも存在しています。季節ごとに、特に注意するべき問題を簡潔にまとめました。

□ 春・秋は雨が当たらないように注意する

ベランダなど屋外で育てている場合、春・秋は雨に注意してください。特に9月は降水量が年間を通して最も多い時期です。多肉植物の葉は雨に当たると変色することもありますし、雨が土に染みこめば根腐れのリスクも高まります。庭・ベランダで栽培しているなら、雨の当たらない場所に置くことが大切。また、土が湿気を吸わないように、風通しのいい(=蒸れない)場所を選んでください。

□ 夏場は直射日光と根腐れに注意

多肉植物は乾燥・暑さに強い植物ですが、限度はあります。真夏の直射日光に晒されると、葉焼けが生じる危険性もあるのです。窓辺に置くなら、真夏は薄いレースカーテンなどを用意しましょう。カーテン越しの日光でも、十分に光合成は可能です。また、多肉植物は本来、砂漠のような気候に適しています。多肉植物は乾燥に強く、多湿に弱いのです。しかし、日本の夏は極度の高温多湿。夏場は水を与えすぎないように細心の注意を払ってください。“暑いから”と土が乾いてもいないうちから水をやると、根腐れの原因になります。

□ 冬場は日当たりのいい室内に

多肉植物は基本的に寒さが苦手です。屋外で越冬できる品種もありますが、あくまでも例外に過ぎません。ほとんどの多肉植物は日本の冬に耐えられないのが実情。また、寒さに強い品種であっても、霜が降りるような冬の朝に耐えるのは困難でしょう。冬場はなるべく日光の当たりやすい室内に置いてください。乾燥しているくらいがちょうどいいので、加湿器の近くはNG。日が差し込む窓辺がベストの配置だと思います。

冬の間、あまりにも日に当たらないと“日光に弱い体質”になってしまうので注意。3か月、ずっと日に当たらないような状況で栽培すると、春に日差しが強くなったとき、葉焼けを起こします。冬こそ、最も日光に当てることが重要な季節と考えてください。