店舗ロゴ

考えるより、まずは行動?

あなたは「考えるより、まず行動」という言葉を耳にしたことがありますか?この言葉をよく口にする人間を熱血漢だとか、スマートではないと考えたことはないだろうか?しかし「考えるより、まず行動」という言葉は、ビジネスの成功においてかなり的を得ています。

この言葉の本当の意味を考えてみましょう

こういう話があります、ビジネススクールの卒業生1500人を対象に、「今すぐ夢を追いかけるか、それとも、まず先に経済的な安定に役立つ職業を選ぶか」という質問をしたところ、83%は「経済的な安定を確保してから夢を追いかける」と回答し、17%は「すぐに夢を追い、お金のことは後で考える」と回答しました。

その20年後、夢だった仕事を選んだ卒業生255人のうち、100人が大富豪になっており、収入で仕事を選んだ卒業生1245人のうち、最終的に大富豪になっていたのはわずか1人だった。このことからわかるのは、強い目的意識と志があれば考えるよりも先に行動したほうが成功に近いということ、安定を確保して(考えて)からでの行動では遅いということがうかがえます。

考えるよりまずやってみる、そうした心がけこそが、一流ビジネスマンの成功理論なのです。考えているだけでは進まないのは当然のことですが、ビジネスというのは非常に大きな責任の上で行われるものですよね、日々それぞれの会社「お店」は自分たちの利益をより大きなものにするために仕事を生み出しこなしています。

社会の中でやっていくというのは、基本的に非常にリスキーな選択肢で、リスクを取らずにリターンを得ることは出来ません。そのため行動と思考、どちらを優先するかと問われたら、より成功率の高い方針を取っていくために、思考を優先するという方が多いのです。

考えることも大切ですが、考えているだけではいつまで経っても現実の仕事は進みません。皆さんがリスクを取りたくないと考えることを行動より優先していたとしても、社会というのはそんな思惑とは関係なくどんどん先に進んでしまうものです。スピードで進んでいく社会についていき、そこでお金を稼ぎ続けるためには考えて足を止めている暇などありません。

ビジネスの問題は、大抵やってみればなんとかなります、考えるよりも実際にやってみることを皆さんにオススメしたいのは、実務的な面でのメリットが大きいからです。ビジネスというのはいつも順風満帆に行く訳ではありません。時には大時化になる時もあります。行くてに、大きな壁が立ちはだかることもあるでしょう。

しかし、そんな時にまずは考えようと足を止めてしまうと、その問題や障害をクリアすることは難しくなってしまいます。ビジネスにおいて皆さんに降り掛かってくる問題というのは、大抵、取り敢えず何とかしようとやってみれば何とかなってしまうものなのです。

行動をしないことで時間を浪費するのなら、やってみて後悔した方がビジネスマンとしての経験となります。そうした経験を積み上げることで、障害があった時はどうすれば失敗しないで成功することが出来るのかを理解出来るようになるのです。どんなに丁寧に自動車の運転マニュアルを読んでも車の運転は上手く出来ません。それならば、とにかく実際に車に乗って運転をたくさんした方が運転は上手くなりますよね。

考えていつも妙案が出せるのならば良いですが、そうとは言い切れないなら、取り敢えず行動を起こしてから考えるという人の方が魅力的に見えてしまうのです。人を集め魅了するためにも、ビジネスマンとして経験を積むためにも、考えるよりまずは行動を優先しましょう。

行動=成功を掴みにいくこと

行動は自分の行動半径を広くします。行動半径が広くなると出会う人が増え、情報がたくさん入ってくる。つまり行動することによってビジネスチャンスや良い縁を引き寄せることになるのです。逆に考えて行動にうつさない人は自分の中で完結してしまいがちで、結果行動に移すときにはもう機を逃してしまっています。

成功者(ビジネスで結果を残している人)は、行動することは成功を掴みにいくことと同意だと考えます。行動しても失敗の山を築くだけと言う人がいます、すぐに行動しない人の多くが「失敗を嫌う」からであるのですが、しかし失敗を常に恐れていては、何も進みません。もちろん考えてから行動すればあらゆるリスクヘッジはできますが、失敗から学ぶことが極端に少なくなりますのである意味、損をしていることにもつながります。

成功に必ず必要な材料は「失敗」である。と作者は忘れましたが、ずいぶん前に読んだビジネス書に書いてありました。そのとき、あ~なるほど、そらそうだよね、と納得したのを覚えています。

新しいことを始めれば必ず失敗は生まれます。

全てのことがスムーズに順調に事が進むことはあまりありません。普通は失敗の山が築かれていき、その失敗の山はいつか財産に変わり、成功を生み出す材料となります。考えるより先に行動し人より高い失敗の山を築くのか、失敗を恐れ失敗の経験がないまま時間を過ごすのか、どちらが成功を掴み取れるかは、容易に推測できると思います。

行動することと、考えるだけで行動しないことの大きな違いは“経験”を積むということです。考えることは経験にならなりません。行動することによって始めて”経験”になり、この経験があるのとないのでは、経営をしていく上で大きな差がつくことになります。その経験はあなたを裏切りません、そしてその経験はあなたの財産となるのです。

「幸せな生き方」という本を読んだときのこと

失敗した姿を傍観して、「やらないで良かった」と思う反面、挑戦した人は、どういう原因で失敗したのか、そういうノウハウが蓄積されるし運良く成功した場合は、成功したというノウハウが蓄積されます。結局は頭で考えているうちは、何も変わらないんだということ。

本を100冊読んでも、何も行動に起こさなかったら、それは本を読まなかったのと同じようなことでもったいないことです。人間、行動してこそ意味があります。そして、沢山の失敗や恥ずかしい思いをして経験値を上げて、一歩前に進んでみましょう。会社「お店」を経営していくには、思い切りも大切です。もっと、気楽に、行動してみましょう。

無料ホームページ制作代行、BP-TANAKA
メールサポート
08092429733

(サンプルHP)を見てみる?

PR広告

上に戻る